blenderでできることとは?特徴を紹介

3Dデザインの勉強を行うにあたって、「どんなソフトを使おうか?」迷うことがあるかと思います。いくつか選択肢がある中で、多くの方が無料で使用できるblenderに興味を持つことでしょう。今回は「blenderでできることって何?」と思っている方のために、使いこなすために必要なことを紹介します。

blenderって何?

Blenderとは簡単に説明すると無料で使用できるオープンソースの3DCG制作ソフトのことを言います。誰でも無料でインストールができ、すぐに3Dデザインの制作が行えることから、多くのデザイナーが使用しているソフトです。

blenderの特徴

Blenderの特徴について気になっている方も多いと思います。具体的にどのような特徴があるのか、特に魅力的なものをいくつかあげていきます。

・完全無料で使用できること

・日本語対応で3D制作がしやすいこと

・Windows・Mac・Linuxなど幅広く対応していること

・機能が豊富に揃えられていること

・アップデートが頻繁にあり、日々使いやすくなっていること

など、正直無料ではありえないくらいの性能となっています。実際にプロにも使用されている3DCG制作ソフトなので、あまりお金をかけたくない方はblender一つあれば十分でしょう。

blenderでできることはこんなにある!

「blenderでできることって具体的に何?」と思っている方のために、ここでは特に知っておきたいblenderの機能について紹介します。

・モデリング(3Dモデルの形を作ることができる)

・テクスチャマッピング(作った3Dモデルに画像を貼り付けることが可能)

・ライティング(3Dモデルに光を照らして影を作れる)

・アニメーション(3Dモデルに動きを付けられる)

・動画編集(3Dデザインの他に動画を編集することも可能)

・レンダリング(動画や画像として書き出せる)

このように、blenderでできることを少し紹介しただけでもこれだけあります。機能面が優れているので、立体的で迫力のある3Dモデルを作成することが可能です。そのため、3Dデザインに興味がある方は、初心者向けでもあるのでまずはblenderから始めてみてはいかがでしょうか。

勉強は大変だが使いこなせれば3D制作の現場で活躍できる

Blenderはとても便利な3DCG制作ソフトです。できることもたくさんありますが、機能が多いので覚えるまでに時間がかかります。

そのため、使いこなせるようになるにはそれなりに勉強が必要ですが、地道にコツコツと学べば将来的に3D制作会社への就職や、転職、フリーランスなど活躍できる場は増えるでしょう。

まとめ

今回はblenderでできることについて紹介しました。とても便利な3DCG制作ソフトなので、3Dデザインに興味がある方は、blenderの勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を気に入って頂けたら いいね!・フォローをお願いします