就活にも使用されるGitHubとは?特徴を徹底解説!

就活にも使用されるGitHubとは?特徴を徹底解説!

今や開発現場で必須ツールと言われているGitHub。これからIT業界のことを勉強したいと思っている方や、就職したい方にとって覚えておきたいスキルの一つです。しかし、中にはそもそも「GitHubとは何?」って思っている方もいるでしょう。今回はGitHubの特徴を紹介していきます。

GitHubとは

GitHubとは、簡単に説明するとソースコードを管理するツールのことを言います。GitHubは共有することもでき、例えば共同開発などの現場で役立ちます。

GitHubはソースコードを管理するのにかかる手間を大きく省くことができるので、IT業界への進出を考えている方は覚えておきたいツールの一つと言えるでしょう。

GitHubの特徴や魅力

GitHubには魅力的とされる機能が多く揃っています。具体的に何ができるのか説明していきたいと思います。

チーム開発の作業管理を確実に行える

チームで開発をする場合には、プロジェクトの進行や課題、コードレビューなど様々なことを管理しなければなりません。これらをスムーズに行うための機能が用意されているので、従来よりも共同開発が簡単になっています。

便利なIssues機能

Issues機能があれば、プロジェクトの課題管理を図ることができます。例えば、メールと同じように、タイトルやコメントを記述しながらソースコードの問題点や解決する方法を開発メンバーに周知することができます。全てのメンバーに伝えることが可能なので、ミスが減らせるなどのメリットがあります。

エンジニア採用時の評価に影響が出る!?

GitHubには様々な機能があり便利ですが、就活においてもその力を発揮します。基本的に企業によっても異なりますが、中にはコーディングスキルをチェックするためにGitHubアカウントの提出を求める場合もあります。

アカウントを持っているのと持っていないのでは大きな差が出てしまうので、IT業界への就職を考えている方はGitHubについての知識はある程度身につけておいた方がいいでしょう。

まとめ

今回はGitHubの特徴についていくつか紹介をしました。プログラミング初心者の方は聞きなれない言葉かもしれませんが、最近では開発環境で必ずと言っていいほど使われています。特に共同開発を行うことが多い企業では、GitHubが採用されていることがほとんどです。また、エンジニア採用試験などでもGitHubを既に学んでいる方は有利となり、面接でも高評価が得られることもあるので、余裕がある方は学習してみてください。

この記事を気に入って頂けたら いいね!・フォローをお願いします