CC-Bubbles

イメージから泡を生成します。泡には適用するイメージの色を反映されます。

Bubble Amount

泡の数を増減させます。値を増やすと泡の数が増えます。

Bubble Speed

泡が縦方向に移動するスピードを変更します。0を基準にしてプラスが上、マイナスが下方向の移動。

Wobble Amplitude

泡の左右に揺れる幅を調整します。値を大きくすると左右に大きく揺れるようになります。

Wobble Frequency

泡の左右に揺れる周期(スピード)を調整します。1は1秒間で1周、2は1秒間で2周と、数字は1秒間に何回周期が回るかを表しています。

Bubble Size

泡の大きさを調整します。元の大きさを基準にして直径の割合(2だと直径が2倍)が増減します。

Reflection Type

泡の中にイメージを反射する際のイメージにかけるゆがみの種類を切り替えます。

Metal
外側から中心に向けイメージをゆがませます。
※CC LensのConvergenceマイナス値と同様

Liquid
中心から外側に向けイメージをゆがませます。
※CC LensのConvergenceプラス値と同様

Shading Type

泡の中の色を選択する。

none
何もしていないフラットな状態。

lighten
円の外側が徐々に白くなります。

darken
円の外側が徐々に黒くなります。

fade_inwards
円の中心が透明になります。

fade_outwards
円の外側が透明になります。

CC-Bubbles
最新情報をチェックしよう!

シミュレーションの最新記事8件