CC Spotlight

イメージに対してスポットライトを当てたような効果を適用する。プロジェクターのようにイメージを投影することもできる。

From

光源の位置をX、Y座標で指定する。

To

ライトの向かうターゲット位置をX、Y座標で指定する。

Height

ライトのターゲットまでの距離を調整する。Z軸の位置調整。

Cone Angle

ライトの光源から広がる角度を調整する。値が大きいと広範囲に光があたる。

Edge Softness

スポットライトの境界線のボケ具合を調整する。値を小さくするとエッジがぱっきりし、値が大きく
なるとエッジがぼける。

Color

ライトの色を選択する。

Intensity

ライトの強さを調整する。

Render

複数の種類のレンダリング結果が選択できる。
[Light Only] ・・・ エフェクトを適用しているイメージを無視してライトだけを取り出す。
[Light Add] ・・・ エフェクトを適用しているイメージにライトを加算する。
[Light Add+] ・・・ エフェクトを適用しているイメージにライトを加算するが、イメージの透明度
            に依存する。
[Light Shadow] ・・・ ライト部分は元のイメージのままで、影になる部分を暗くする。
[Gel Only] ・・・ Gel Layerで選択したイメージをプロジェクターのように投影する。※ライトのみ
[Gel Add] ・・・ Gel Layerで選択したイメージをプロジェクターのように投影する。※元のイメージに加算
[Gel Add+] ・・・ Gel Layerで選択したイメージをプロジェクターのように投影する。※元のイメージに加算
[Gel Shadow] ・・・ Gel Layerで選択したイメージをプロジェクターのように投影する。※影を暗くするのみ

Gel Layer

Renderで「Gel」を選択した際に、プロジェクターのように投影するイメージを選択する。

最新情報をチェックしよう!

遠近の最新記事8件