IDマット

RLA、RPFファイル内に内包されたオブジェクトを切り替えられる。

補助チャンネル

オブジェクトIDとマテリアルIDのどちらを使用するかを選ぶ。
[オブジェクトID]
[マテリアルID]

ID選択

取り出すオブジェクトやマテリアルのID番号を選択しマスクで切り抜かれたイメージを取り出す。

境界線のぼかし

取り出されたイメージの境界線をぼかす。

反転

取り出されたイメージに適用されているマスクを反転する。

使用範囲

取り出されたイメージに適用されているマスクの境界線を滑らかにする。イメージの背景色情報が含まれたファイルにのみ有効。

最新情報をチェックしよう!

3Dチャンネルの最新記事8件