色抜き

「色抜き」エフェクトは、ある部分だけ色を残しつつモノクロに出来るエフェクトです。

色抜き量

0 ~ 100%の間で色の抜く量を調節します。100%まで上げると完全にモノクロになります。

保持するカラー

保持させたい色を調整します。

スポイトで保持させたい色を選択します。

許容量

色の抜く度合いを調節します。許容量が100%であれば色抜き量100%でも色は抜けません。

エッジの柔らかさ

数値を上げることで、色からグレーへの変換がなだらかになります。

マッチングの適用

RGBまたは色相を選択します。

RGBを使用

赤・緑・青の3色に対応しやすいです。

色相を使用

RGBと比べ、より細かい色を識別します。

写真から色を抜いてみましょう!

今回はコチラのお姉さんの画像を使用します。

保持するカラーはグローブからスポイトで色を取り、赤を残していきたいとおもいます。

色抜き量:100% 許容量:30%で色を抜いてみます

背景はきれいに色が抜けましたが、赤の部分はきれいに色が残っていません。

次は許容量:15% マッチングの適用を「RGBを使用」から「色相を使用」に変更してみます。

「色相を使用」を選択すると、先程よりはきれいな印象ですが、女性の肌や髪の毛の色はまだ残っています。

保持するカラーは「」を選択しましたが、今回はグローブの色だけを残したいので、マスクを使ってみましょう!

このようにグローブにマスクをかけていきます…

マスクをかけたらあとはグローブ以外の色をすべて色抜きします。

きれいにグローブの部分だけ色を残せました!

最新情報をチェックしよう!

カラー補正の最新記事8件