texture

テクスチャ

イメージに対して別のイメージの持つ凹凸、陰影、質感をテクスチャとして適用します。イメージの明るい箇所が出っ張って、暗い箇所がへこんでいるような効果になります。

テクスチャレイヤー

テクスチャとして設定するイメージを同じコンポジション内のレイヤーから選択します。

ライトの方向

テクスチャによって生み出された凹凸や表面の質感に対して、ライティングを当てる方向を調整します。エフェクトによって生み出された凹凸のハイライトと影の位置関係が変更されます。

テクスチャコントラスト

凹凸や質感のハイライトと陰影の強さを調整します。値を大きくするとハイライト部分はより明るく、陰影部分はより暗くなり凹凸や質感がくっきりと表現されます。0に設定するとテクスチャの凹凸や質感がなくなります。

テクスチャの置き換え


[テクスチャを重ねる]
レイヤーの左上の座標(0,0)からテクスチャとして設定するレイヤーを等倍サイズでタイルのように並べて適用します。

[中央テクスチャ]
レイヤーの中央にテクスチャを等倍サイズで一回だけ適用します。

[テクスチャを伸縮させフィットさせる]
レイヤーの中央にテクスチャをレイヤーと同じサイズに拡縮させてフィットした状態で適用します。

texture
最新情報をチェックしよう!

スタイライズの最新記事8件